×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

ホームヘルパー2級養成講座体験記

■座学

ホームヘルパーとしての基本的な技術や対応、態度を体験しました。
・高齢者や障害者の特徴を理解する。

・同居のご家族の気持ちの理解・コミュニケーション・自己健康管理についてなど体験しました。

時間は大体トータルで10時間位だったように思います。

勉強が進むにつれ、実施実習の体験が多くなり座学は実施実習の説明のみという感じで眠さとの戦いでした。(笑)



■実習

実施実習体験は身体介護の方法をはじめ、入浴介助、排泄介助、衣類の着脱、車椅子介助などです。

実習の方法は、ペアかグループに分かれてその日のカリキュラムをこなしていくという感じです。

入浴介助は、もちろん実際に入浴せずに人形で練習でした。

それと、衣類の着脱、ベットシーツの交換を体験しました。



■施設実習

施設実習体験は、特別養護老人ホームにて3日間、体験させて頂きました。

主な内容は、利用者さんとお話や、お掃除でした。

当然の事ながら、まだまだホームヘルパーの卵の私達には、入浴介助やおむつ交換などの仕事は体験させてもらえませんでしたが、雰囲気が掴めてよかったと思います。

これはあくまでも私の通っていたスクールでの話ですので、実際に介助のお仕事を体験させてもらえる施設もあると思います



ホームヘルパー2級養成講座の無料一括資料請求はこちらから↓